こんにちは、MAISHIです。

 

競馬ファンには一週間というものがあっという間に過ぎていくと思いますが、ただ週末になったらレースを予想して、レースを見ているだけではつまらないです。

やはり、一週間というものを有効に使いたいものです。

今回はざっと一週間の競馬の過ごし方についてみていきたいと思います。

 

月・火曜日ー週末のレース結果を確認し、レース分析する

 

土日3競馬場で開催すれば72レースほど行われる中央競馬。

現代人にとって毎週72レースをレース回顧するにはかなり大変な作業になりますよね。

 

無職の人ならまだしも、サラリーマン、学生、自営業、主婦の方であれば多忙なはずで、毎週72レースもレース分析をするほど時間を割ける人はそうそういないかと思います。


1レース分析するだけでも時間がかかるのに、それを72レースもやっていたら時間がいくらあっても足りませんよね(´;ω;`)


だからといって、急いでレース回顧しても精度の粗いレース回顧になりますし、それ以前にレース回顧のやり方がわからなければ、そもそも”どの馬”や”どのレース”を注目していいのかもわからないと思います。


これから少しづつレース分析のやり方をわかりやすく教えていきますが、まずは自分なりに”注目馬”や”注目レース”を探してみる癖をつけましょう。


もちろんツールを使ってレース分析しても良いですが、個人的にはすべてツールに頼るのもどうかな、なんて思ってしまいます。

 

僕がアナログ人間だからなのかもしれませんが、ただ、個人的にはツールはあくまでも予想をやりやすくするための補助的な役割を果たすものだと思っています。


自分でレースを予想し、実践した体験や感覚みたいなものを大事にしてください。


もちろん、ここは賛否があると思いますので、ツールを信じてレース回顧をやっていくのも悪い選択ではないかな、とは思います。

自分に合った復習をしてみてくださいね。


ここでのポイントは、レースの勝因・敗因、次走の狙い馬、次走は買ってはいけない馬、不利のあった馬など・・レースの都度、自分なりに整理しておくと収支結果が良い方向に向いていくと思います。

水曜日ー今週行われる重賞・特別レースなどの出走馬をチェック

 

今週行われるレースにはどんな馬が出走してくるのかなど、出走予定馬を相対的に見て、狙ってみたい馬をチェックしましょう。

また何かしらのツールを使っているのであれば、そのツールに記録してあるメモなどを読んだりして、今回狙えるのかどうかも考えてみたりします。

 

僕は“競馬ブック”“JRA-VAN”“レーシングビュアー”の3つのツールを使っていますが、”競馬ブック”と”JRA-VAN”にはメモ欄があるので、気になったことはメモ欄にいろいろと記入してあります。


別にノートを作って書いてもいいし、何か気に入ったツールがあればそこに記入しておいてもいいので、メモをする習慣をつけましょう。

 

競馬はとにかくレース数が多く、メモをしないと忘れてしまうので、ぜひ気が付いたことはメモすると良いです。

木曜日ー調教チェック

 

“レーシングビュアー”(或いは、グリーンチャンネルなど)に加入(月540円)すれば今週行われる重賞出走馬や特別レース、若駒の調教動画を見ることができます。

動画を見ることによって、調教時計やその日の馬場状態、馬の反応などを確かめることができるので、競馬をやるのであれば加入したほうが良いかと個人的には思います。

ちなみに、レーシングビュアーは今まで行われれた十数年前までの全レース、パドックも見れるので大変有益なツールです。

各ツールに関しては一つの記事にして解説していきますが、レーシングビュアーは使えるツールですので、まだ加入していない方は入っておくと良いですよ。

 

金曜日ー土曜日のレース検討

さあ、待ちに待った楽しみな週末競馬のレース検討ですね(*^-^*)

人それぞれ、いろんなレース検討のやり方があると思いますが、一番始めに手をつけてもらいたいのは自分の“おハコレース”を最初に予想することです。

 

“おハコレース”とは自分が得意としているレースです。あるいは、得意としたいレースです。


ここを読んでくれている方には当然、競馬初心者もいると思いますので、競馬初心者であればおハコレースなんてわかるわけありません。


そういう方は、自分がおハコにしたいレースをじっくり考えてみましょう。


何となくでもいいので、自分はどんな距離の、どんなコースが好きなのか、試しに決めてみてください。


そして、その条件を“おハコレース”にしてみます。


あとから変更しても一向にかまいません。とにかく、一つだけ得意な条件“おハコレース”を決めましょう。


そして、その条件だけをまずは最初に予想するようにしましょう。


決め方に基準はありません。好きなように決めてください。


初めて走る新馬戦が好きな人もいれば、何度も走っている条件戦、最強馬が揃うオープン戦が好きな人・・・いろいろな競馬ファンがいるものです。


たとえ、何もわからなくても最初は“おハコレース”を決めてしまうのがポイントです。


なぜ、“おハコレース”を決めるのかといえば一つの条件を攻略していかないといくら時間があっても足りないいほど、競馬は時間がかかってしまうからです。


毎年、数千頭という馬がデビューするわけで、そんなにたくさんの馬のレース分析なんてしていられません。


例えば、古馬500万条件をおハコすると考えたら、東西2500頭以上も登録されているわけです。


そんなたくさんの馬の情報を分析するのは並大抵ではありません。


でもそれはあくまでも古馬500万条件だけであって、新馬、未勝利馬、1000万条件、1600万条件、オープン馬すべての力関係、馬の状態、勝負気配などを細かく予想したら、本当にいくら時間があっても足りないのです。


ですから、まずは一つの条件に絞って、その条件に全力投球したほうがいいですよ、といっています。


どんなに時間がなくとも自分の“おハコレース”だけでも予想すると、少しづつ何かが見えてくるかと思います。


ぜひ、実践してみてもらえたらと思います。

 

土曜日・日曜日ーレース当日。前日の予想を軸に、パドックで狙い馬をチェック

 

さぁ、一週間の集大成です。

自分なりに一生懸命に予想したはずなんで、冷静に、そして思い切り勝負してみましょう。もちろん、お財布と相談して、自分の実力に合った馬券勝負をしましょう。

おそらく、競馬初心者であれば予想が上手いはずがありませんので、最初はほどほどにがいいかもしれません。

もちろん、大きく勝負したいのであればそれはそれで勝負してもいいかもしれません。

もしかしたら、ビギナーズラックがあるかもしれませんので・・・

ただ、本当にずっと競馬をやっていきたいのであれば、今まで話した予習復習を疎かにせず、じっくりと競馬に取り組むことが競馬が上手くなるコツではないかと確信しています。

競馬ファンの一週間は早いです。

そして、競馬ファンの一年間も早いです(⌒∇⌒)

一緒に競馬を楽しんでいきましょうね。

 

それではまた次回。

MAKISHI