こんにちは、MAKISHIです。


意外と好評だった、競馬初心者が「競馬で勝つ方法」というコンテンツ。

前回は一つの条件(クラス)にだけに絞って予想して、結果もしっかりと見ましょうということをお話ししました。


このブログは競馬初心者の方を中心に書いているものですが、上級テクニックも書いているためか、難しいと思われている方もいるんだということを感じました。


もちろん、競馬が上手くなって、競馬で勝ち組に回るには、このブログのコンテンツをマスターしてもらいたいのですが、まずは心得的なコンテンツも必要だなと感じたので、週末のレース分析などのコンテンツと並行して今後は書いていきます。

 

競馬で勝つ方法の第2回目は、どのような馬券の買い方がいいのかについてお話しします。

 

もちろん、僕の考えていることがすべて正しいわけではないので、あくまでも参考として、こうやったほうが「競馬はぶれない」という視点で話しているので、そのような視点で読んでもらえたらと思います。

 

 

 

 

競馬予想の基本は、一頭の馬を狙うこと

 

最近では3連単やWIN5などといった一攫千金馬券が増えて、ますますギャンブル色が濃くなった競馬。


そのことに関しても悪いことではないし、むしろ大きな馬券を当てる楽しみ方も増えて、とても良いことだと思うんです。


一攫千金馬券が増えたことによって、競馬がますます人気になることも競馬ファンにとっては嬉しいことですからね(*^-^*)

 

ただ、一攫千金馬券はそうそう当たるものではありません。


冷静に考えてもらえればわかることですが、3連単というのは1着から3着まで着順通りに当てなければ的中できない馬券です。

WIN5に至っては、5レースすべての1着を当てなくては的中できない馬券です(´;ω;`)


これは至難の業です。


とてもじゃないけど、競馬初心者が買えるような馬券ではありません。

 

そこで、競馬初心者が競馬が上達する上での心得としてあげておきたいのは、まずは一頭だけ、馬券になる馬を見つけましょう、ということです。


最も理想な馬券種は配当の高い単勝を当てることですが、単勝はあらゆる要素が絡み合わないととれない馬券でもありますので、競馬初心者は最初から無理する必要なんてありません。


3着までの「複勝」を1頭見つけるだけでいいです。


複勝も十分価値のある馬券種ですからね(*^-^*)


堅実な競馬ファンは複勝馬券で確実に儲けている方もいるぐらい儲かる馬券なんです。


もちろん、複勝で儲け続けるにはかなり高度なデータ分析や競馬勘みたいなものが必要になりますが、気持ち的には単勝よりもずっと楽ですからね(⌒∇⌒)

 

それに複勝的中率の精度が上がれば、3連単、3連複、ワイドなんていう馬券にも応用することができるので、まずは3着までに入選しそうな複勝馬券を購入してみるといいかと思います。

 

 

 

 

馬券に絡む馬(複勝、連勝馬券など)の探し方

 

馬券に絡む馬を探す一つの目安が当日のオッズです。

オッズは競馬ファンが作るものなので、今回のレースの参考にすることはできます。

ただ、あくまで参考にするだけであって、そのまま馬券を買ったのでは当然儲けることはできません。

 

それは、高配当馬券のレースが多いことからも、オッズ=今回好走する馬”というわけではありませんよね。

 

ではなぜ、競馬ファンはレースのことをよく覚えていて、力関係も比較的わかっているのに、レースを的確に的中させることができないのか?


それは、サラブレットが生き物だからです。


競馬初心者ではなく、競馬を何十年もやっていても、競馬で勝てない根拠の一つが競馬は生き物が走るということを完全には理解していないからだと思います。

完全に理解していないから、最終的に「馬の能力を信じて」馬券を買ってしまうわけです。

 

ようは、当日の馬の気配なんてそれほど気にしないという方が多いわけです。

 

あらゆる雑誌やデータで能力は分析されているのに、負けるのは、生き物である馬をコンピューターが走っているものだと思ってしまっているのです。

おそらく、競馬で勝てない最も大きな原因は馬を生き物と思っていないからだと思います。

 

競馬初心者だからこそ、知っておいてほしいこと、

競馬は馬が走るんです。

 

馬はロボットではありませんよ!

人間と同じで調子の悪い時だってあるんです。

 

馬は調子が悪い時は、別馬のように全く走らなくなる時だってあるのです。

競馬初心者のころから、お腹に落としてくださいね。

 

僕も競馬を始めたころはあまり勝てなかったんですが、それは馬の能力を過信しすぎてしまっていたからなんですよ。

馬の能力比較を前日予想でしたうえで、当日はパドックで馬の状態をじっくり観察してください。

して、できたら前回時や、調子の良かった(悪かった)時の比較をして、馬券を購入すると、新しい気付きがあると思いますよ(*^-^*)

 

それではまた次回。

MAKISHI