こんにちは、マキシです。


今回からはどのようなパターンなら中穴馬券が狙えるのか、具体的な狙い方について話していきます。

 

狙ってみたい中穴馬に勝つだけの能力があるのか?


配当妙味があるからと言っても、ただ闇雲に人気のない中穴馬を狙っても思うように的中させることは難しいものです。

必ず、馬が好走するには何かしらの理由があるから好走するのであって、能力がないのに馬券に絡むことはほとんどありません

能力があってはじめて、ここ数戦のレース内容からプラスαを見込めるかを考える余地も出てくるわけです。

 

とは言っても、能力を見極める方法というのは難しく、競馬初心者であればわからないと思いますので、最初は競馬新聞に掲載されている能力指数や予想印、各馬のレース成績などを参考に”力のある馬”を探してみてください。


そして、狙いたい馬(力のある馬)が前走までどんな状態だったのか、今回の馬の状態はどうなのか、いくつかの要素を考えてみて、今回はどのような走りをできるか考えてみましょう。

 

馬体重は理想の馬体重なのか?

前走は理想体重と比較して、太いか、細いか。

前走と比較して太いなら体を緩めたから馬体が増えたのか、それとも調教を積んでるのに馬体が充実しての馬体増なのかを判断します。

判断するポイントは前走からの調教量です。
調教欄を読んで自分なりに判断してみましょう。

前走から何本調教で追っているか、どんな追い方で調教しているかで基本的には判断します。

前走並みに調教が動いているのであれば状態が平行戦だと考えればいいですし、前走よりも調教が動いているのであれば状態が上向いているとも考えることができます。

 

逆に、しまいがバタバタで前走よりも動いていないのであれば、動かなかった理由を考える必要があります。


馬場が悪かったのか、調教師が追っていなかったのかなど、調教欄などで確認してみる必要があります。


ただ、一つだけ注意しておきたいことは馬体重のところでも話した通り、馬の走り頃は馬体重が戻った次走というパターンがけっこうあるということです。

 

もちろん、その馬に能力があれば8~9分の状態でも勝負になりますが、レースは同じレベルの馬同士が走ることが多いので、万全の出来ではないのに勝ち負けできるかは何とも言えません。


ようは、人気があればあるほどリスクがあると考えればよいですし、その馬が中穴馬であるなら積極的に狙ってみるのも面白いかもしれません。

少なくとも僕はそのようなパターンで穴馬を幾度となく狙い撃ちしてきました。

ですので、このことは頭の片隅にでも入れておいてもらえたら、必ず役に立つときが来るかと思います。

それではまた次回。

MAKISHI