こんにちは、マキシです。


競馬をやる人には大きく分けて3つのタイプがあり、

本命党、穴党、そして中穴党の人がいます。

もちろん、レースによって本命党になったり、穴党になったりする人も大勢いるとは思いますが、基本的にはこの3つのタイプに分類されると思います。

どのタイプも長所短所があり、本命党は的中確率は他の2タイプに比べて高くなりますが、配当が低いため点数や頭数を絞って効率よく馬券を購入しなければいけません。


穴党
は本命党とは真逆で的中確率は低いのですが、的中したときの回収率が高いので、的中確率を少しでも高めることができればかなりの確率で稼ぐことができます。


一方、今回お話しする中穴党は、的中率も回収率も他の2タイプ(本命党、穴党)に比べて低いのですが、競馬で最も稼ぎやすいタイプでもあります。

今回はなぜ中穴馬券が稼ぎやすいのか、そして、中穴馬券の狙い方についてお話していきます。




なぜ、中穴馬券は最も稼ぎやすいのか?

競馬では上位人気で決着するレースが最も多いのですが、それと同様に4番人気以下の中穴の馬が連対する確率も非常に高いです。

1・2番人気の配当にもよりますが、4番人気では10倍以上の配当がつくことはよくあります。


その中穴の馬の単勝、あるいは、中穴馬を軸にするだけで大きな配当を手にすることができるので、回収率と的中率のバランスを考えれば、本命馬を狙うよりも中穴馬を狙うほうが馬券妙味があるということは容易に察しられると思います。


そして、中穴馬がなぜ最も効率よく稼げるかと言えば、人気馬と連対する確率が極端に違いがないなら、回収率を考えれば圧倒的に中穴馬のほうが馬券的妙味があるからです。

もちろん、馬券的妙味がある分、中穴馬の狙い方は簡単に一言で話せるものではないので、少しづつ学習していかなければいけないのですが、当サイトでは具体的な狙い方についてケーススタディを取り入れていきますのでご覧になってください。